エコキャップ運動


プロジェクト概要

「ペットボトルのキャップで世界の子供にワクチンを届けよう」を合言葉に社員全員が一丸となってペットボトルのキャップを集めています。小さなキャップですが、860個集めれば1人分のポリオワクチンになります。この活動は社員が自主的に提案し、始まった活動です。誰でもできること、会社だけではなく家庭でも参加できることなど、気軽にできるのが特徴です。小さな行動が未来の地球のことを考えたり、子供の命のことを考えたり、自分たちでできる社会貢献活動として頑張っています。

これまでの活動

2018年1月25日時点の累計個数は47,022個(ワクチン54.7人分)になりました。

2020年8月14日時点の累計個数は59,191個(ワクチン68.8人分)になりました。

よかったこと

「親子で楽しみながら集めてるよ」と同僚から聞いた時、やってよかったなぁと思いました。

大変だったこと

中にはキャップを付けたまま捨てる方もおられるので、ペットボトルゴミの「捨てる前チェック」はかかせません。しかも、キャップに付いた汚れを洗うのも結構重労働です。

活動から得られたこと、感じたこと

たくさんのキャップが詰まった最初の箱を送るまでは「こんなもの役に立つのかな?」と疑問でしたが、エコキャップ推進協会から送られてくる受領書に「何人分のワクチンになりました」と書かれてあるのを見て「よし、もっと集めよう」とやる気が出てきました。

これからの活動

今後もエコキャップ運動は継続して行います。このような誰でも参加できる社会貢献があれば、どんどん提案して行くつもりです。

このページのトップに戻る